マイナンバー制度の利便性と懸念について

マイナンバー制度の利便性と懸念について

いよいよもうすぐマイナンバー制度が始まろうとしています。マイナンバー制度は社会保障や税金の申告などあらゆる手続きにおいて利用される個人を識別するための番号で、各役所が同一の管理を行う事によってスムーズに手続きを進めることができる制度となっています。

 

個人的には役所の手続きには手間や面倒さを常々感じているので、多少なりともそれが緩和されるのであれば大変歓迎すべきだと思っています。どうしても個人の内容によっては照会に時間がかかる場合もあるでしょうが、マイナンバー制度によってあらかじめ登録されている内容が確認できるのであればそういったことも少なくなるのではと思います。

 

ただ、懸念すべきは個人情報の流出です。このマイナンバー制度は役所のみならず場合によっては民間業者も取り扱う番号なので個人の情報を悪用される可能性があることは否めません。

 

先日も大きな個人情報流出の事件があったばかりです。役所のみならず民間でも取り扱うとなればそれは避けられないでしょう。いくら処罰があるとはいっても悪意を持った人間は必ずいますし、このあたりの対策についてもう少し告知してほしいところではあります。

 

それでも申告する際の待ち時間の緩和は魅力的だとは思いますが。いずれにしても管理される側である以上、その体制にはしっかりとしてほしいところです。


HOME 悪用事例 提供すべきケース 拒否 収集