マイナポータルとは

マイナポータルとは?

マイナンバー制度で個人に個々の番号を付番し、その番号でいろいろなものを紐づけられますが、このマイナンバー制度では「マイナポータル」という新しいものが出てきます。マイナポータルとは何なのでしょうか?

 

マイナポータルとは、別の呼び方で情報提供等記録開示システムなんていう長い名前がついているのですが、ほとんどの場合には使うことはないので、マイナポータルという名前のほうで覚えておくといいでしょう。

 

もともとはマイポータル制度なんていう呼び方も検討されてはいたのですが、結局マイナポータルという呼び方になったという歴史も存在しています。そんなマイナポータルがどういったものなのかというと、おおざっぱに言ってしまえば、ネット上でマイナンバーの管理ができてしまうということになるのですが、おそらくこれだけではわけが分からないと思うので、もう少し具体的にしてみましょう。

 

まずマイナンバーによって紐づけがおこなわれている、自分が関わっているものを知ることができます。これによっていったい自分の個人情報を誰が利用したのかや、どのような目的で利用したのかなどが分かるようになるのです。

 

おそらくマイナンバー制度で一番気になるのが、この個人情報の利用のされ方だと思うので、それが随時チェックできると言うのはユーザー側には最大のメリットかもしれません。他にも今まではとても面倒であった、行政手続きをネット上で出来てしまうというメリットもあり、これによっていくつかの処理の時間節約を可能としています。

 

電子決済によっての納税の制度も用意される予定にはなっているのですが、これには何かトラブルがあるのではないかという予想もされているのです。マイナポータルとはこのように、いくつかの要素のチェックと、いくつかの便利機能が搭載される予定となっているポータルサイトとなっています。

 

 


HOME 悪用事例 提供すべきケース 拒否 収集