マイナンバー キャバクラ

マイナンバーとキャバクラについて

マイナンバー制度が2016年1月から本格的に導入をされようとしています。

 

マイナンバー制度自体は、国民一人ひとりに12桁のナンバーをつけて、管理をする仕組みです。こちらを導入することによって、国民の収入を含め、年金や税金も管理をしていくのが将来の国の展望です。

 

しかし、この管理の方法により、キャバクラの世界が大きく揺れ動かされようとしています。
それは何かというと、税金の一元管理を行うとして、普段働いている女性の人が隠れて副業で、キャバクラで働いている人間も実際にはいるそうです。しかしこの方たちは、マイナンバーが開始されると、副業がばれる可能性、リスクが生まれてきてしまいます。

 

マイナンバー制度で、自分の収入も、将来的には管理をされるようになります、普段働いている方は、収入に対して、会社も給料を出しているのもマイナンバーで管理します、しかし、副業をすると、収入が会社の出している金額以上に税金が請求される事態になります、これをしていくと、副業がばれてしまうという状態です、。

 

この事態になると夜の世界で働いている世界の人間が夜の世界を離れていく。この事態がまさに起ころうとしています。
こうなってくると人材が不足をする。人材が不足すると、たとえばキャバクラだと、綺麗な女性がどうしても少なくなっていく、少なくなっていくと、キャバクラに行っている男性のお客様が減っていく、会社の収益が下がります。これが一時的でよければよいのですが全国に広がっていくと、全国的に景気が落ちていく要因になってくるとも言われております。

 

今までのようにある程度の管理の仕組みでなりたっている世界もこれだけではなく大きく変わっていく状態になっていくかもしれません。マイナンバー制度はメリットだけでもなく、デメリットもあることを皆さん理解しておきましょう。"


HOME 悪用事例 提供すべきケース 拒否 収集