マイナンバー 風俗

風俗

風俗業は、マイナンバー制度で大きく環境が変わると言われています。もちろん真っ当に経営をしている風俗事業者もあると思いますし、大半は、基本的に法令遵守の事業所だと思います。

 

しかしながら、風俗で働いている女の子の税務面については、商売上、節税では通りずらい対応をせざるを得ないケースもあると思います。

 

一番大きな問題は、源泉徴収税の部分だと思われます。
基本的に法人から個人への支払いの場合は、 源泉徴収税をあらかじめ給料や報酬から天引きをして、支払わなければなりません。

 

ただ、これをすると、所得があることが判明してしまいますので、副業がバレたり、扶養から外れなければならなかたりと、風俗で働く女性側に不都合が生じます。風俗店経営者にとっても、店の女の子が商品なわけですから、最大限融通を効かせて、手渡しなどの対応にし、別の経費処理等を行い、書面上は、女の子に給料を払っていないような形にしているところが多いと思われます。

 

マイナンバー制度によって、個人や法人の所得がかなり正確に把握されるため、お店側としても、大切な商品である、お店の女の子とはいえ、源泉徴収税を支払わずに対応することも検討しなければならない窮地に立たされています。

 

とはいえ、お店側もそれでは、商品である女の子にお店を辞められてしまいますので、そう簡単にマイナンバーに屈するわけにもいかないと思います。

 

 

ですので、様々なせめぎ合いというか、対応策が検討されていると思います。

 

 

 

 

マイナンバー制度で、税務の実務や税務署の対応がどうなるかというのが未だ不明で未知数という状態ですので、正直確かなことは誰にも言えないと思います。

 

 

一概に、風俗業界が厳しい局面に立たされるということも言えませんし、単純に楽観視することも出来ません。法律などは、あくまで決まりであって、法を犯したり、グレーなことをした場合でも、実際に、処罰等があるかどうかについては別問題なことが多いです。

 

 

このあたりは、世の中には不思議な力が働いていますので、お分かりの方は多いと思いますし、風俗業界の方などは、その辺りに敏感かもしれません。

 

 

パチンコが何故、賭博にならないのか?
NHKの受信料の徴収は委託だが、非弁ではないのか?
日本銀行は実は株式上場している

 

など、議論の余地は多いものの、これが見えない力とも言えることも世の中多いのです。

 

 

 

マイナンバー制度と風俗業界の問題についても、何かしらの問題が起きる可能性もありますが、それよりは、これを機に、密告問題の方が大きな懸念材料かもしれません。

 

 

税務調査が入る場合は、密告が多いですので、その点、お金の動くこの業界は、妬まれて、密告される可能性も高いと思います。

 

そうならないような日頃の付き合いなどの方が、実は検討すべきポイントなのかもしれないです。

 

 


HOME 悪用事例 提供すべきケース 拒否 収集