マイナンバー 提供

マイナンバーを提供して大丈夫か?制度自体が不安・・・ そんな方のためのサイトです。

マイナンバーの悪用 不安

マイナンバー制度が2016年1月より施行となりました。マイナンバーは、国民一人一人に付番され、尚且つ、一生涯変わらない番号ですので、他人に教えて大丈夫か?と心配になる方も多いと思います。

 

当サイト「マイナンバー提供Q&A」では、マイナンバー制度の概要や犯罪・悪用の事例、なりすまし犯罪など海外で発生している事例なども交えながら、マイナンバー制度で犯罪被害に合わないという視点で解説していきます。

 

まずは、当サイトの人気記事から読み進めて頂くと理解が早いと思います。

 

マイナンバーの提供は不安・・・

マイナンバーの悪用 不安

マイナンバーの提供についての不安としてあるのが、マイナンバーを提供しなければならない所にだけ教えたとしても、情報漏えいの可能性があるという点です。

 

勤務先のマイナンバー取扱者はもちろん、公務員などもマイナンバーを取り扱う人もいますので、そこからの情報漏洩などの可能性もありますので、100%安全ということはありません。

 

マイナンバーの漏洩の危険性はどんなに最善を尽くしたところで0ではありません。

 

そうであれば、マイナンバー制度そのものを理解し、「どのような時に提供して良いか」「どういった犯罪や悪用方法があるのか?」などを理解することが先決です。そして万が一マイナンバーが悪意を持った第三者に漏洩してしまった場合どう対応したら良いのか? という視点で予防をしていくことが賢明だと思います。

 

当サイトでは、予防策や事例、予備知識などを中心に記載していきますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

まずは、「マイナンバーはどのように悪用されるのか?」の記事から読んで頂くのが良いかと思います。海外では、実際に成りすまし犯罪も起こっていますし、その点も書いていますので参考にしてください。

 

⇒ マイナンバーの悪用方法について

マイナンバー制度への反対の声

マイナンバーの悪用 不安

マイナンバー制度については、賛否両論ありますが、根強い反対派の主張もあります。しかし、マイナンバー賛成派からは、やましいことがあるのでは?と思ってしまう部分も少なからずあるかと思います。

 

マイナンバー反対派の意見としては、番号で管理されたくないなど人としての尊厳についての意見もありますし、情報漏えい等のセキュリティ面等まっとうな者も多いです。

 

マイナンバー賛成派の方も、反対派の意見にはどのようなものがあるのか、意見や主張をまとめましたので、こういった意見やデメリットもあるものだということで、参考にしてみてください。

 

反対派の意見やデメリット、問題が起こりそうな点としては、

 

・成りすまし犯罪や悪用の懸念
・100%情報漏えいする
・罰則はあるが、犯罪の抑止効果はそれほど高くない(過去の実例)
・かけるコストに対しての費用対効果が見えてこない
・これで便利になるのは役所だけでは?国民にはメリットがない
・住基ネットはどうなったの?またお金だけかけて二の舞になるのでは?
・番号で管理されることの人権侵害
・国に監視される

 

このような意見が聞かれます。

 

まず、悪用や犯罪、情報漏えいに対する懸念があります。先進国ではすでに番号制度を導入している国が多いですが、やはり成りすまし犯罪などが多発しています。

 

また、情報漏えいは100%起こると言ってもいいですし、特にインターネット上のサービスはどんなにセキュリティを完璧にしても100%安全ということはあり得ませんし、むしろ必ずハッキングされると思って間違いないです。その場合、だれが責任を取るのでしょうか?

 

結局、役人が記者会見を開いて平謝りしたりしてその場をしのいで終わり… それでは、情報漏えいされた側はたまったものではありません。

 

罰則もありますが、犯罪者はそれを承知でしてきますし、末端が捕まるだけのトカゲのしっぽ切りです。罰則を強化しても抑止には実際それほどつながらないのは、他の法律等でも分かっていることだと思います。

マイナンバー制度の導入に莫大なお金がかかっている!!!

マイナンバーの悪用 不安


また、マイナンバー制度の導入にはかなりの金額が投下されています。

 

システムの整備に3,200億円 、情報管理組織の立ち上げに700億円、個人番号カードの開発・配布に800億円、マイナポータル開設に300億円 、「個人番号情報保護委員会」の設置に10億円 の予算が組まれており、5000億円程になります。

 

これだけの費用を投下して、どれほどのメリット、費用対効果があるのかは分かりませんし、証明するのも難しいです。しかも、メリットだけでなく、悪用犯罪等のデメリットももれなくついてくる…

 

となると、費用対効果はでないのでは?と考えられます。

 

実際、住基ネットは、普及しませんでしたし、悪用されるケースもありました。また、マイナンバーでは、国民には本当にメリットがあるのか?とも思えます。政府は便利になるかもしれませんが、国民は実際それほど便利にならないと考えられます。

 

行政手続きなど、考えてみれば、それほどありませんし、その際に時間がかかったりするのは、いつものお役所仕事ということで慣れっこです。むしろ、そこを効率化したからといって、公務員の数が減って税金が減るとも思えないですし…

 

最後に、国に監視されるなどの気味悪さも反対理由として多いです。まず、政府が信用できませんし、個人情報を丸裸にされることの気持ち悪さ、マイナンバーで個人の情報を紐づけて、そのあとに何を企んでいるのか気味が悪い…などの声も多いです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3131448249220131"
data-ad-slot="5791756356"
data-ad-format="rectangle">


HOME 悪用事例 提供すべきケース 拒否 収集